▶ セイ・テクノロジーズ コーポレートサイトはこちら

Linux 監視拡張オプション

(14件)
絞り込む

絞り込み検索

キーワード

カテゴリ

OpenSSL脆弱性(CVE-2014-0224)の弊社開発製品への影響について

サポート情報番号 000212 対象バージョン BOM 6.0 SRなし, BOM 5.0 (全 SR) OpenSSLの脆弱性(CVE-2014-0224)の影響について、2014年6月13日現在の弊社製品の状況は以下の通りです。 本件については修正モジュール、またはこの修正モジュールを含むバージョンアップパッケー…

Linux監視拡張オプション5.0における、プロセス数監視の初期値について

サポート情報番号 000182 対象バージョン BOM 5.0 SR2 (2009/7), BOM 5.0 SR2 (2009/11), BOM 5.0 SR3 [概要] Linux監視拡張オプション5.0でLinuxプロセス数監視を新規作成した場合に、監視対象となるプロセスのステータスとして「S(スリープ)…

テキストログ監視で検索対象文字列に半角スペースが含まれると、正常に検索できない

サポート情報番号 000184 対象バージョン BOM 5.0 SR2 (2009/7), BOM 5.0 SR2 (2009/11), BOM 5.0 SR3 [概要] Linuxオプション5.0のLinuxテキストログ監視で、検索対象文字列中に半角スペースが含まれると、監視に失敗する場合や、指定内容と異な…

Linux監視拡張オプションのメモリ監視でMemUsedカウンタの取得値が実際の使用メモリ値と異なる

サポート情報番号 000185 対象バージョン BOM 5.0 SR2 (2009/7), BOM 5.0 SR2 (2009/11), BOM 5.0 SR3 [概要] Linux監視拡張オプション5.0のLinuxメモリ監視で取得したMemUsedカウンタが、実際の使用メモリの値と異なることが有ります。 …

Oracle Java 脆弱性(CVE-2014-4227等)の弊社開発製品への影響について

サポート情報番号 000214 対象バージョン BOM 6.0 SRなし, BOM 5.0 (全 SR) Oracle Javaの脆弱性(CVE-2014-4227等)の影響について、弊社製品の状況は以下の通りです。 なお、影響がある製品につきましては「Oracle Java 脆弱性(CVE-2014-4227等)に…

SSL 3.0 (CVE-2014-3566) の弊社開発製品への影響について

サポート情報番号 000217 対象バージョン BOM 6.0 SRなし, BOM5.0 (全 SR), JD R12 SSL 3.0の脆弱性 (CVE-2014-3566)の影響について、弊社製品の状況は以下の通りです。 影響がある製品につきましては、以下の更新モジュールを適用ください。適用方法については各モジュー…

日本語等の2バイト文字を含むパスにBOM5.0がインストールされていると、Linuxオプションのモニタレットが更新できません

サポート情報番号 000170 対象バージョン BOM 6.0 SRなし, BOM 5.0 (全 SR) [概要] BOM 5.0 / BOM 6.0のインストールパスに、日本語等の2バイト文字が含まれている環境では、LinuxオプションからのLinuxコンピュータへのモニタレット転送及び更新が正常に実行できません。…

BOM 5.0 アーカイブサーバーへのデータ蓄積量の目安

サポート情報番号 000168 対象バージョン BOM 5.0 (全 SR) [概要] BOM 5.0 アーカイブサーバーへのデータ蓄積量について、参考データを記述します。 アーカイブサーバーを構築する際の目安としてご利用下さい。 [詳細] 標準的な監視構成として1インスタンス辺り以下の環境を想定します。 …

名前解決が出来ないコンピュータを監視対象にした場合に、SNMPトラップ送信ができないことがある

サポート情報番号 000172 対象バージョン BOM 6.0 SRなし, BOM 5.0 (全 SR) [原因] 対象バージョンの BOM のSNMPトラップでは、Linux監視や代理監視でもパケット中に監視対象コンピュータのIPアドレスを付加して送信しております、この為監視対象名をホスト名で設定している環境で、監…

Linux監視に使用するポートを標準の22以外に変更すると、アーカイブエラーが発生する

サポート情報番号 000161 対象バージョン BOM 5.0 SR2 (2009/11) [現象] BOM 5.0 SR2インストールメディアに含まれるLinuxオプションで、監視に使用するSSHポートを標準の22以外に変更した環境では、BOM5Archiveサービスを起動すると、ログノードの[ヒストリサービス]に…

監視拡張オプション for Linux Ver.5.0で「監視に利用するアカウント」を一般ユーザに設定すると、監視に失敗する

サポート情報番号 000157 対象バージョン BOM 5.0 SR2 [概要] 監視拡張オプション for Linux Ver.5.0で、監視対象Linuxサーバのサービスポート監視を実行する場合、Linux監視インスタンスの「監視に利用するアカウント」を一般ユーザに設定すると、監視に失敗します。 [詳細] 監…

BOM の評価版で監視ができなくなった

サポート情報番号 000247 対象バージョン BOM 7.0 (全 SR), BOM 6.0 (全 SR), BOM 5.0 (全 SR) [現象] BOM for Windows の評価版をインストールしており、今までは正常に監視が行われていたが、あるときから監視ができない状態になった。 [原因] 評価版には…

BOM で評価版ライセンスから製品版ライセンスへの移行はできるか

サポート情報番号 000248 対象バージョン BOM 7.0 (全 SR), BOM 6.0 (全 SR), BOM 5.0 (全 SR) [詳細] BOM を評価版ライセンスから製品 (正規) 版ライセンスへ移行される場合、使用中の評価版をアンインストールする必要はありません。 BOM マネージャー上に用意され…

特定の条件下において Linux オプションの Linux テキストログ監視で過去のログを誤検出する

サポート情報番号 000254 対象バージョン BOM 7.0 (全 SR), BOM 6.0 (全 SR), BOM 5.0 (全 SR) [概要] BOM Linux オプションのテキストログ監視において、特定の条件下でファイル名の指定にワイルドカードを使用していると、過去のログを誤検知する現象が発生します。 …