▶ セイ・テクノロジーズ コーポレートサイトはこちら

サポート情報番号 000146
対象バージョン BOM 7.0 (全 SR), BOM 6.0 (全 SR), BOM 5.0 (全 SR)

[概要]

BOMの設定には、BOM全体の設定である「動作環境の設定」とインスタンス単位の設定である「監視・通知設定」があります。

「動作環境の設定」には、SMTPサーバーやアーカイブサーバーなどの設定が含まれます。
「監視・通知設定」には、監視グループ、監視項目、アクション、および通知項目の設定が含まれます。

[詳細]

BOM マネージャーを起動し、以下の手順で設定を保存/復元することができます。

◆動作環境の保存(エクスポート)

  1. スコープペインより[BOM for Windows <バージョン表記> (ローカル)] を選択します
  2. 右クリックメニューから[動作環境のエクスポート] を選択します
  3. 動作環境を保存する場所とファイル名を決定し、[保存]ボタンをクリックします

◆動作環境の復元(インポート)

  1. スコープペインより[BOM for Windows <バージョン表記> (ローカル)] を選択します
  2. 右クリックメニューから[動作環境のインポート]を選択します
  3. 復元する動作環境ファイル名を指定し、[開く]ボタンをクリックします
  4. 動作環境の設定が復元されたことを確認します

◆監視・通知設定の保存(エクスポート)

  1. スコープペインより[BOM for Windows <バージョン表記> (ローカル)] → [インスタンス名]を選択します
  2. 右クリックメニューから[監視設定のエクスポート] を選択します
  3. エクスポートする内容として監視項目と通知項目の有無を選択します
  4. 監視設定を保存する場所とファイル名を決定し、[保存]ボタンをクリックします

◆監視・通知設定の復元(インポート)

  1. スコープペインより[BOM for Windows <バージョン表記> (ローカル)] → [インスタンス名]を選択します
  2. 右クリックメニューから[監視設定のインポート] を選択します
  3. インスタンス内に既に監視項目があるときには、チェックボックスをONにすることで、それらの項目をすべて削除できます
  4. 復元する監視設定ファイル名を指定し、[開く]ボタンをクリックします
  5. 監視設定の設定が復元されたことを確認します

※詳細は製品同梱のユーザーズマニュアルをご参照ください。

[更新履歴]
2009年 5月 8日 公開
2019年 4月15日 BOM 7.0 を対象に加えて更新

関連記事